司法書士のお世話になる

小児科と内科の違いは大きい

私は小さいころから小児喘息の持病をもっています。お探しの真岡 循環器科情報はここから。

 

小児科から内科に移ったのは高校生になってからです。ここから→真岡市 内科情報を調べる。

 

喘息もなかなか出なくなっていましたが久しぶりにでて急いで内科を受診しました。
小児科と治療は同じでキュウニュウをして採血をし薬をもらうという事でした。
小児かとの違いは聴診器を洋服の中に入れて聞いてくれることです。気になったら真岡 呼吸器科←クリック

 

あと、採決の時もすごく淡々としていて少し初めは戸惑いました。詳しくは真岡 消化器科をチェック!

 

内科の先生は小児科のカルテを見て風邪をこじらせてよく喘息を出すことを指摘してきました。
その通りでした。自分が引きそうと思ったら薬を飲むなり吸入器をつかうなり予防が大切と言われました。
吸入器は小児科ではお勧めされなかったので、この機会に試すことにしました。
吸うタイミングが大切らしく、タイミングを外して別なところに薬を吸い込めば大変なことになるらしいです。
なので小児科の時は進められなかったのだとその時初めて知りました。
内科になって大人として認められたみたいで初めはとても嬉しかったです。
今はそれが当たり前なので逆に小児科が懐かしかったりもします。詳細は真岡市 禁煙外来ならこちら!