司法書士のお世話になる

一生モノの差し歯との付き合い方

20代の頃、矯正を見ていただいていた歯科医の先生に差し歯の提案をされました。心配なら溝の口 歯医者こちらで!

 

どこかにぶつけてできたものなのかまったく記憶にないのですが、犬歯の根元の歯茎が青黒く変色し、歯並びが治っても審美的にネックだとのこと。ご存知ですか?高津区 インプラント←ここから確認
思い切って抜歯し、差し歯にしたほうがよいと言われましたが、治療代を聞いてビックリ!有名な歯科医師高津区 歯科で検索!

 

10数年前の当時の額で8万円!保険の対象にはならないとのこと。
悩みましたが、結局、差し歯にすることにしました。
人口歯は自然な黄味をもたせつつも、宝石のようにキレイで、確かに顔の印象がほんの少し変わりました。
けれども、この差し歯、「7年が寿命です」と言われました。ということは、7年後にまた8万円の出費?「いえ、7年くらい経つと、歯茎が緩んできて、差し歯が取れる可能性があるのです。差し歯自体に問題がなければ、引き続き使ってもらえます」。まずは新宿区 入れ歯ならこちら

 

その言葉を信じて、使い続けています。8年くらい前に一度、差し歯が取れてしまったことがありました。なくさないように、しっかり保管して歯医者でつけてもらったために、それほどの治療代にはなりませんでした。
しかし、差し歯のとれた顔はお笑い芸人の変装のようで、一瞬とはいえ、口を開けることが恥ずかしくてなりませんでした。
ぼちぼち、再び歯茎が緩んでくるころだと思って、ドキドキしているこの頃です。心配でしたら新宿区 歯周病←こちらで